INPEXは何に挑むのか?

What does INPEX challenge?

エネルギーの安定供給と低炭素化社会の両立への挑戦
CHALLENGE
私たちINPEXは、石油・天然ガスの探鉱・開発・生産プロジェクトを20カ国でグローバルに展開する日本最大のエネルギー開発企業です。同時に、低炭素化社会の実現に向けてエネルギー構造の変革に積極的に取り組んでいる企業でもあります。このようなINPEXとエネルギー業界の現状について、ここでは簡潔に紹介します。
ポイント01:世界の人口予想

今後数十年間で、発展途上国を中心に世界の人口は増加していくと予想されています。当然、エネルギー需要も増え続けますが、そのすべてを再生可能エネルギーをはじめとした「新エネルギー」で供給することは困難です。
したがって、安価で扱いやすい石油・天然ガスの需要はいまだ高く、そのニーズは今後数十年かけて増加していくと言われています。

世界の人口予想グラフ
ポイント02:世界の一次エネルギーの需要見通し(新政策シナリオ)
再生可能エネルギーの普及が今後の課題

国際エネルギー機関(IEA)の発表によると、今後世界のエネルギー需要は拡大する一方で、その内訳については、再生可能エネルギーの割合が大幅に拡大することが予測されています。
ただしこれは、クリーン・エネルギー政策や投資が大規模に展開された場合の予測であり、2050年ネットゼロカーボン社会を実現するには、様々なエネルギー技術の開発やノウハウの活用が必要です。INPEXにとっても、気候変動への対応に社会的責任を果たし、再生可能エネルギーの普及をはじめ多様なエネルギーをよりクリーンな形で安定的に供給することが最大の使命と言えるのです。

世界の一次エネルギーの需要見通しグラフ
ニーズが高まる石油・天然ガスの安定供給と、
再生可能エネルギーの開発強化で、
世界にエネルギーを供給し続けるという使命を果たします。
石油・天然ガスの安定供給のために
SOLUTION 01
「インフラのインフラ」として、エネルギー業界の根幹を担う存在

エネルギー業界は大きく上流と下流に分けられます。
上流事業では地下に眠っている石油や天然ガスを探し、掘り出し、それをタンカーやパイプラインで輸送。下流事業では、輸送されてきた石油や天然ガスをガソリンや灯油、石油製品などに加工して消費者の元に届けます。
私たちINPEXはこの上流事業を担う企業であり、日常生活に不可欠なインフラ供給を絶やさないために、エネルギー資源を届け続けていく重要な役目を担っています。

事業のフロー
世界20数カ国、約70のプロジェクトを手掛ける
分布図
約1,500kmの国内天然ガスパイプラインネットワーク
ネットワーク図
5つの事業の柱で低炭素社会実現を促進
SOLUTION 02
5つの事業の柱で低炭素社会実現を促進

INPEXは2050年ネットゼロカーボン社会の実現にむけた取り組みも積極的に行っています。その取り組みの支えるのがこの5つの事業の柱です。
事業におけるCO2の低減はもちろん、再生可能エネルギー事業、水素事業、森林保全、カーボンリサイクルなど、エネルギーに関わるあらゆる事業を展開。
これまで培ってきた知見・経験を活用し、産官学との連携もさらに強化することによって、2050年ネットゼロカーボン社会の実現を目指します。

5つの事業イメージ
再生可能エネルギーの取り組み事例

国内外における地熱発電事業や、二酸化炭素と水素を反応させて都市ガスの主成分であるメタンを生成する「メタネーション」の技術開発事業など、「再生可能エネルギーの強化と重点化」を進めるための取り組みを積極的に展開しています。

インドネシアサルーラ地熱発電事業

インドネシアサルーラ地熱発電事業

メタネーション試験設備

メタネーション試験設備

秋田県小安地域における地熱資源調査

秋田県小安地域における地熱資源調査(仮噴気試験)

これからのINPEXは…
DECISION
石油・天然ガス開発の根幹を担うとともに、
新エネルギーの普及・実用化を最前線で牽引する、
リーディングエネルギーカンパニーへ。
イメージ