当社は、2040年に向けて3つの事業目標を設定し、持続的な企業価値の向上を図ります。
(コーポレートHP内ビジョン 2040ページ:https://www.inpex.co.jp/company/vision.html

1. 石油・天然ガス上流事業の持続的成長

国際大手石油会社トップ10へ

5つの手段・視点(探鉱、開発・生産、資産買収・M&A、コアエリアの拡大と充実、オペレータープロジェクトの遂行)により、3つの要素(バランスの取れたポートフォリオの構築、LNGプロジェクトの安定的・効率的な開発・操業の実現、次の成長プロジェクトの創出)を獲得します。
それにより、当社のポートフォリオは量(Volume)・質(Value)共に大きく成長し、生産量・埋蔵量・収益力・技術力などにおいて国際大手石油会社のトップ10を目指します。

イクシスLNGプロジェクトの写真

イクシスLNGプロジェクト

アバディLNGプロジェクトの写真

アバディLNGプロジェクト

2. グローバルガスバリューチェーンの構築

アジア・オセアニアにおけるガス開発・供給の主要プレイヤーへ

国内においては、既存インフラの活用による安定供給などにより、国内ガス年間供給量を30億㎥超に拡大します。
海外においては、当社コアエリアであるインドネシアをはじめとするアジアの成長市場において、当社プロジェクトから天然ガスを供給すると共に、新たなガス需要を開拓します。更には、輸送能力・需給調整能力を含むグローバルなトレーディング機能を維持・強化します。

直江津LNG基地の写真

直江津LNG基地

LNG船(OCEANIC BREEZE)の写真

LNG船(OCEANIC BREEZE)

3. 再生可能エネルギーの取り組みの強化

ポートフォリオの1割へ

気候変動へ適切に対応し、長期的な再生可能エネルギー需要の増加に応えるため、再生可能エネルギー事業への参入を加速します。
石油・天然ガス上流事業とのシナジーがある地熱発電事業に加え、風力発電事業などへの参入拡大を図ります。
当社収益への寄与を意識し、長期的に当社ポートフォリオの1割を再生可能エネルギー事業とすることを目指します。

地熱(サルーラ地熱IPP事業)の写真

地熱(サルーラ地熱IPP事業)

風力の写真

風力