人材育成体系図

各職種間で共通の研修制度

新入社員集合研修

入社後の約3週間をかけて、グローバルスタッフ事務・技術からエリアスタッフまでの新入社員全員が社会人の基本、エネルギー開発業界の基本、INPEXの基本を学ぶための研修です。

階層別研修

全職種の社員を対象とし、等級が一定ランク上がった際に行う研修です。新しい等級で求められる役割と期待を認識し、実行するためのコンセプチュアルスキルやヒューマンスキル(論理思考力、課題形成/解決能力、リーダーシップ、コミュニケーション、マネジメント能力など)といった、INPEX社員として円滑に業務を進める上で必要となるスキルの獲得を目指します。

ビジネスナレッジ研修

論理的思考、ファシリテーション、ネゴシエーション、財務会計、経営戦略など、実務を進める上で土台となる基本スキルを共通言語として身に付けるための研修です。eラーニングを用いて、業務遂行に必要な基礎的な知識から、応用・実践する力までを幅広く習得することができます。

自己啓発制度

社員の自己啓発支援のため、通信講座の受講費用および外部のビジネススクール・語学スクールの通学費用の一部を受講奨励金として会社が補助する制度です。

メンター/サポーター制度

新入社員の育成を促すために指導員(メンター)がつき、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)を行います。また、一部職種では2~3年目を対象にサポーターがつき、2年目以降も継続した育成サポートを行います。

メンター×新人対談はこちら