人材育成体系図

各職種間で共通の研修制度

新入社員集合研修

入社後の約3週間をかけて、グローバルスタッフ事務・技術からエリアスタッフまでの新入社員全員が社会人の基本、エネルギー開発業界の基本、INPEXの基本を学ぶための研修です。

階層別研修

全職種の社員を対象とし、職責が一定ランク上がった際に行う研修です。新しい職責で求められる役割と期待を認識し、実行するためのヒューマンスキル(リーダーシップ、コミュニケーション能力等)、仕事、人の管理といったマネジメントスキルなど、INPEX社員として円滑に業務を進める上で必要となるスキルの獲得を目指します。

ビジネススキル研修

財務会計や法務的な知識、論理的思考、英語によるコミュニケーション能力など、どのような業務内容であっても必要とされる基礎スキルや知識を養うための研修です。業務遂行に必要な基礎的な知識から、応用・実践する力までを幅広く習得することができます。また、エリアスタッフ向けの英語研修や業務効率化研修なども新規導入しており、さらなる充実を図っています。

自己啓発制度

社員の自己啓発支援のため、通信講座の受講費用および外部のビジネススクール・語学スクールの通学費用の一部を受講奨励金として会社が補助する制度です。

メンター研修

グローバルスタッフ事務、エリアスタッフについては、新入社員の育成を促すために、新人1名ずつ指導員(メンター)がつき、マンツーマンでOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)を行います。

メンター×新人対談はこちら