仕事を選択してください。

経営企画

会社の成長のロードマップである企業戦略やビジョンを描き、会社経営の中枢を担う。

  • 1. 事前調査・鉱区取得 約1年
  • 2. 探鉱 約2~3年
  • 3. 評価 約3~5年
  • 4. 開発 約2~5年
  • 5. 生産/販売 約10~20年

役割

経営企画部門の仕事は、経営企画、広報・IR、CSRの3つに分けられます。経営企画では、会社経営の基本方針としての中長期のビジョンや経営戦略の企画・立案、経営管理の実施、事業環境分析などを行っています。広報・IRでは、企業価値向上を目指し、社内外のステークホルダーに対して、プレスリリースや対外刊行物、社内報などのツールを用いて適時・適確に情報を発信しています。CSRでは、責任ある企業として、グループ全体のCSR方針や戦略の企画・立案、CSR報告書の発行、ボランティアなどのCSR活動を実施し、持続可能な社会の実現を目指しています。

主な業務内容

経営企画

当社の経営目標とその達成に向けた経営戦略の企画・立案が経営企画の中心的な業務です。2012年5月に策定した「INPEX中長期ビジョン~イクシスそして次の10年の成長に向けて~」では、当社が中長期にわたり持続的発展を遂げるための3つの成長目標と3つの基盤整備目標を掲げています。これらの目標の実現に向けて、戦略、経営環境分析、取り組み方針等について当社役員が議論する際に、経営企画は事務局として中心的な役割を果たします。またプロジェクト部門と協議しながら、役員間で議論の上決定された戦略および取り組み方針を具体化していきます。

広報・IR

  • IR活動
    株主や投資家に対し、投資判断に必要な企業情報を、適時に、公平に、そして継続して提供しています。開示する情報を判断材料に投資家や金融機関は投融資の意思決定を行うため、資金調達の戦略にも直結する非常に重要な活動です。開示する情報は、開示が義務づけられている有価証券報告書や決算情報のみならず、アニュアルレポートやWEBサイトなど様々な媒体を用いて正確でわかりやすい情報をタイムリーに掲載していくことが求められます。
  • 広報活動
    広報の仕事は、社内の情報を集め、幅広いステークホルダーに発信することです。新聞等のマスメディアや業界誌に対しては、鉱区権益の取得などのプロジェクト情報や決算など会社として発信すべき情報、求められる情報を発信しています。また、企業のブランド価値向上を企図し、マスメディアへの広告出稿や国際的な展示会や各種カンファレンスにおける当社役員の講演機会の確保に努めています。その他、社内コミュニケーションの促進のため社内報の発行や、プロジェクトの進捗を記録する動画・静止画の撮影・収集等も実施しています。

CSR

INPEXの中長期ビジョンを達成するための経営基盤としてCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)経営の推進を行っています。具体的には、INPEXグループ全体のCSR方針や戦略の企画・立案、Sustainability Report(CSR Report)の発行、社員の社会貢献活動の推進、企業や市民団体と協力した社会課題への取り組み強化などがあります。多様な文化や価値観を保有するステークホルダーを意識しながら、INPEXが社会から信頼される企業となれるよう、継続してCSR経営の強化に取り組んでいきます。

先輩社員の声